トラックドライバーに必要な資格や免許

トラックドライバーに必要な免許について

トラックは車両ですので、最低限普通運転免許は所持していないと仕事が出来ません。普通免許は車両総重量3.5t未満、最大積載量2t未満のトラックを運転することが出来ます。この免許の場合、現場では主に1t~1.5tのトラックを運転することが多いようです。

更に仕事の幅を増やしたい、月収をあげたいと考える人には、中型自動車運転免許、大型自動車運転免許がおススメです。この免許がなくてもトラックドライバーの仕事は出来ますが、中型、大型免許を持っている方が、就職や転職の際有利になります。

また持っていると便利な免許としては、小型・大型特殊自動車免許、けん引免許などがあります。例えば車両総重量11tを超えるセミトレーラーを運転するには、けん引免許と大型免許の二つを持っていないと運転が出来ません。

トラックドライバーが持っていると便利な資格について

持っていると便利な資格の代表格は、フォークリフト運転技能者の資格です。多くの場面で、このフォークリフトで荷物を積んだり下ろしたりします。場合によっては荷物の積み込みなどが、順番待ちになる場合もあります。自分がこの資格を持っていれば、自分の荷物を自分で乗せることも可能です。

他には危険物取扱者の資格も、持っていると有利です。トラックドライバーとして持っていると仕事に有利なのが、乙種4類です。この資格を持っていると、自分一人でできる仕事の幅が大きく広がります。会社側もこの資格を持っている人間は、積極的に選考する傾向が高いようです。

他にも特殊な資格として、小型移動式クレーンの資格や床上操作式クレーンの資格も、働く会社の業務内容次第では活躍する場面がある資格です。